音楽

威風堂々

威風堂々というのは言うまでもなくイギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した行進曲集です。
でもこの曲を威風堂々と呼ぶのは日本人くらいのものです。
この曲の原題は『Pomp and Circumstance』といいます。
Pompと言うのは壮麗とか華麗と言う意味、circumstanceは儀式張った、物々しいと言う意味です。
Pomp and Circumstanceをなんと訳すかはセンス次第です。
威風堂々と言うタイトルを名訳と評価する人もいれば原題の良さが反映されていない意訳ととる人もいます。
私は感じが出てて良いと思いますけどね。
そしてこの『Pomp and Circumstance』というのはシェイクスピアの戯曲『オセロ』第3幕第3場の台詞から取られているんです。
以上、音楽の豆知識でした。

|

ブログを作ってみました

とりあえず作ってみたけど

まだよくわからないので

まだまだこれから色々とやっていこうと思います。

まずは気に入ったデザインにしてみたんだけど

記事を書かないとみられないんだって。

今日は初日だから

こんな感じに適当に書いてますが

書けたら早速表示してみようと思います。

|