日記・コラム・つぶやき

クリーニング

最近クリーニングを利用して思ったのですが たいていのクリーニング屋さん曜日ごとに安い日が設定されていますよね。 例えば「水曜日はドライクリーニングが半額」とか。 曜日を選びさえすれば半額になるんだし 半額になる日は毎週必ずやってきます。 だとしたら他の曜日に利用する人っているのでしょうか。 いたとしたらずいぶんと贅沢な話ですよね。

|

乗り換えで凡ミス

急行を降りて各駅に乗り換えたつもりが快速に乗り換えていました。
もちろん目的の駅は通過。
一体なんのために乗り換えたんだと自分でも情けなくなってしまいました。

|

そして父になる

DVDで『そして父になる』という映画を見ました。
映画としては面白い、と思いました。
でも内容を真剣に考えるとコワくなりますね。
とはいっても誰に起きてもおかしくはない問題。
目をそらすよりはこのような映画で現実を知っておくほうが良いのかもしれません。

|

野球のチケット

ひょんなことから野球のチケットが手に入ったのですが見に行くことができません。

球場も遠いし時間だって取れないし。

好きな人がいれば譲りたいのですがどうすれば良いのか。

ネットオークションとかが便利なんだろうけど使ったことがないのです。

しかたないのでアナログですが知人に声をかけて誰かにもらってもらおうと思います。

|

男性の悩み

女性にとって男性の悩みって理解しにくいですよね。
そもそもどんなことで悩んでいるのかも想像しにくいです。
そこで今日はインターネットで見つけた男性の悩みを紹介します。

■1:「自分の稼ぎは少ないんじゃないか?」
■2:「俺の人生、このままでいいのか?」
■3:「無職になったらどうしよう」
■4:「俺も老けたよな……」
■5:「いつか大病を患うんじゃないか」
■6:「俺に父親の資格はあるのだろうか」

男性が悩んでいる姿なんてあまり見る機会がないので、まるで悩みなんてないと思いがちですが
こうして見るとむしろノンキなのは女性のほうかもしれません。

|

マツコの日本ボカシ話

「マツコの日本ボカシ話」はたった1回の放送で終了となってしまいました。
過激な発言をウリにするマツコ・デラックスさんの番組だから1回だけで終了になってしまった事も武勇伝となるのでしょうか。
でも今度はテレビを見ている人たちの気持ちを考えた番組作りをしてもらいたいですね。

|

誤審

スポーツを見ていて残念なのは審判による誤審です。

審判の判断を結果の言い訳にしない立派な選手はたくさんいますが、
試合を見ているファンの中には納得していない人も多いのではないでしょうか。

当然です。
審判の判断で試合結果が左右されて良いはずがありません。
でも一番問題なのは審判のミスではありません。
審判だって人間ですから間違える事はあります。
絶対に間違えちゃいけないなんて言われたら誰も審判を務める事が出来なくなってしまいます。

問題なのは審判が誤審の様なミスをしたときに
それを正すシステムが確立されていない事です。
審判がミスをする事は計算に入れておくべきで、当然それに対する対策もしておくべきです。

審判の誤審がそのままスルーされてしまってはいけないと思います。
誤審をした審判を責めるのではなく誤審をフォローするしていない仕組みに目を向けるべきですよね。

|

休みの日はゆっくり寝たいです

睡眠は大体90分サイクルだと言いますよね。

普段の睡眠時間の平均が6時間だとすると
休日は90分余計に寝て7時間半は寝たい所です。

更に90分寝てしまうと9時間寝てしまう事になってちょっと寝過ぎになってしまいますからね。

体を休める事も大事ですが
9時間も寝てしまったらせっかくの休日が自由に使えなくなってしまう気がするし、
そもそも9時間も寝てしまうとかえって疲れてしまうと思うのです。

と言うわけで今度の休日は7時間半の睡眠が目標です。

|

リピーターになってもらう

どんな会社やお店でもお客さんに来てもらうと言うのは大変なことですね。
お金を払ってもらって満足してもらうんだから当たり前です。

でももっと難しいのは
そのお客さんにリピーターとしてまた利用してもらう事です。

最初はたまたま買ってくれたかもしれませんが
品質やサービスを知ってまた利用しようと思ってもらうと言うのは偶然でどうにかなる話ではありません。

どんな仕事でもお客さんにまた利用しようと思ってもらえる位満足してもらう事が大切ですね。

|

誤字脱字

自分のブログを表示して読んでみると意外に誤字や脱字が多いのに驚いてしまいます。

文章の上手下手はともかく誤字や脱字は自分で防げるミスなので今後気をつけたいと思います。

いつも投稿する前には読み直してチェックしているつもりだったのですが甘かったんですね。

|