学問・資格

誤字脱字

自分のブログを表示して読んでみると意外に誤字や脱字が多いのに驚いてしまいます。

文章の上手下手はともかく誤字や脱字は自分で防げるミスなので今後気をつけたいと思います。

いつも投稿する前には読み直してチェックしているつもりだったのですが甘かったんですね。

|

威風堂々

威風堂々というのは言うまでもなくイギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した行進曲集です。
でもこの曲を威風堂々と呼ぶのは日本人くらいのものです。
この曲の原題は『Pomp and Circumstance』といいます。
Pompと言うのは壮麗とか華麗と言う意味、circumstanceは儀式張った、物々しいと言う意味です。
Pomp and Circumstanceをなんと訳すかはセンス次第です。
威風堂々と言うタイトルを名訳と評価する人もいれば原題の良さが反映されていない意訳ととる人もいます。
私は感じが出てて良いと思いますけどね。
そしてこの『Pomp and Circumstance』というのはシェイクスピアの戯曲『オセロ』第3幕第3場の台詞から取られているんです。
以上、音楽の豆知識でした。

|

ロシアの火星探査機「フォボス・グルント」が落下

以前、米航空宇宙局(NASA)の大気観測衛星「UARS」が
宇宙ゴミとして地球に落下すると言う話を書きましたが
今度はロシアの火星探査機が落下したそうです。

落下したのは
打ち上げに失敗した火星探査機「フォボス・グルント」。
日本時間で昨日の16日午前2時45分に
チリ南部ウェリントン島の西方1250キロ・メートルの太平洋上に落下したと発表されました。

当たり前のように発表されてニュースになっていますが
とても危ないですよね。

破片の数は20個~30個、
合計で200キロ程度の鉄の塊が
すごい勢いで落ちてくるわけですから。

ロケットや人工衛星を打ち上げるのは世界中の人たちにとって有意義で必要な仕事だし、
チャレンジを続ければ失敗も付き物ですが
自分の近くに落ちてきたらと思うと…、考えたくもないですね。

|

UARSが落下

UARSと言うのは
米航空宇宙局(NASA)の大気観測衛星です。

長さ10メートル、重さ6トン。
意外と小さいんですね。

でも
これが空から落ちてくるとしたら
小さいなんて言ってられません。

UARSは6年前に運用を終えていて
現在は宇宙ゴミとなっているそうです。

それが日本時間の24日に
とうとう地球に落ちてくるとのことで
人に当たる確率は1/3200。
つまり0.03125%。

私に当たる確率は1/20000000000000以下と言う事なのですが
本当に大丈夫なのでしょうか。

誰にもぶつからないことを祈っています。

|

ブログを作ってみました

とりあえず作ってみたけど

まだよくわからないので

まだまだこれから色々とやっていこうと思います。

まずは気に入ったデザインにしてみたんだけど

記事を書かないとみられないんだって。

今日は初日だから

こんな感じに適当に書いてますが

書けたら早速表示してみようと思います。

|